紙ごみの削減

紙ごみの削減のための活動

当法人は、従来リサイクルされずに焼却されていた「事業系一般ごみの中のリサイクル可能な紙ごみ」を”エコペーパー”と呼び、さいたま市より受託した事業系資源物(紙ごみ)のリサイクル事業を、市と協働で確立したリサイクルルートで実施しております。 (詳しくはさいたま市HP「事業系資源物リサイクルについて」のページまたは「事業者向けのごみ処理ガイド」をご覧ください。)
更に紙ごみのリサイクルをより向上させるために、再生商品化を行い一環した環境リサイクルシステムのサービスを提供し、さいたま市内の循環型まちづくりを目指しています。

エコペーパーの種類

・主として紙製品であれば、そのまま受入可能です。
・プラスチック・ビニール素材だけでできているものは、搬入できません。
・メールでお問合せいただく場合、現物写真を添付してください。
・紙でできていて、このページに載っていないものはお問合せください。

色々な紙ごみが混載されているもの


  • カバー付辞書

  • 紙容器

  • 展示用紙製什器

  • 伝票・窓付き封筒

  • 紙緩衝材

  •  ロールの芯・ロール紙
    (レジスターロール)

  • シュレッダー

エコペーパーリサイクルの流れ

エコペーパーリサイクルの流れ

エコペーパーの出し方

・不要となった紙製の袋やダンボール箱に入れる、または自前のごみ箱に入れたまま持ち込み、紙ごみだけ搬入することもできます。
 但し、紙製の袋やダンボール箱に入りきらない大きな紙ごみ(A0用紙のロール芯など)は、そのままお持ちください。
・ビニール袋はリサイクルできないため、極力ごみ袋として使用しないでください。但し、シュレッダーのごみは中身の飛散防止のため、
 ビニールのごみ袋に入れて出してください。

営業案内

事務局

  営業時間 住所 連絡先
本社 月~金曜日 9:00~17:00 さいたま市浦和区東仲町6-6 ベルム浦和1F 048-839-3954
(本社・リサイクルセンター共通)

エコペーパーリサイクルセンター

  営業時間 住所 連絡先
浦和 月~金曜日 8:00~17:00
土曜日 8:00~12:00
さいたま市桜区西堀 4-5-16 048-839-3954
大宮(提携工場) さいたま市西区宮前町 541-1 株式会社須賀(内) 048-622-4525

※毎週日曜日休み。
※施設管理に伴うメンテナンスのため臨時休業あり(実施日は確定次第、トップページのニュースに掲載します)

ご利用の対象者

原則、さいたま市内の法人または個人事業者になります。

エコペーパーリサイクルを利用する前に

さいたま市HP「事業所から出るごみの出し方」のページをご覧いただき、ご利用内容をご確認ください。

※ご利用はさいたま市の利用許可がある方のみとさせていただいておりますので、事前に申請手続きを行う必要があります。
※ご利用は1年単位で、毎年3月末に終了となり、4月1日からご利用を継続される場合は再度申請手続きが必要です。
※ご利用には処分料金が発生します。最低100円/10kgに消費税を乗じた金額となります。

申請の方法について

申請方法は、搬入の仕方で異なります。

  • 紙ごみをエコペーパーリサイクルセンターへ自己搬入される方は、ご自身で直接さいたま市役所廃棄物対策課に申請をします。
    その際に必要な書類や申請手順は下記「自己搬入される方へ」をご覧ください。
  • 市内の収集運搬許可業者にご依頼される方は、さいたま市HPの さいたま市一般廃棄物収集運搬許可業者一覧の中から業者を選択し直接ご連絡のうえ、ご確認ご依頼いただきますようお願いします。

自己搬入される方へ

<申請に必要な資料>

手数料減額免除申請書

 

<申請の手順>

1.必要書類の書式をダウンロード

上の「手数料減額免除申請書」をクリックするか、さいたま市HP「事業系資源物リサイクルについて」のページでダウンロードできます。

2.署名捺印

記入例:手数料減額免除申請書(記入例)

3.さいたま市役所に提出

さいたま市役所廃棄物対策課(住所:〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤6丁目4-4)に書類を提出します。
※提出方法は直接窓口ご提出、または郵便のどちらでも可能です。

4.確定通知

さいたま市より通知書が届きます。

5.手続き完了

ご利用を開始できます。エコペーパーリサイクルセンターへ紙ごみを搬入してください。

ページの先頭に戻る